LuxN

LuxN

 

目的
都市型WDM(波長分割多重)機器メーカーLuxN社(Zhoneにより買収)は、アジア市場への参入を考えていました。

Pacific Vision Partnersの役割
弊社コンサルタントはLuxN社内に事務所を持ち、事実上、社員として働きました。アジアでの事業開発を担当し、アジアのパートナーとの様々な関係を任せていただきました。また責任者としてLuxN社の経営陣とやりとりさせていただきました。

プロジェクト期間
10ヵ月

結果

弊社は、LuxN社の日本での展開のために4社との関係を作り出しました。うち2社はLuxN社の戦略的パートナーとして株式投資を行いました。日本市場に加え、韓国の代理店、中国での潜在的パートナーも複数、発掘しました。

 

Case Studies

日本の大手総合電機メーカー

弊社は、買収候補を探索、査定、評価するために雇われました。この取り組みの過程で、クライアントの買収目的を達成するため、戦略合致性、事業価値、買収の可能性を含む基準を満たしたターゲット候補企業を選定しました。

Read More

HNC

不正検出ソフトウェアを提供するニューラル・ネットワーク関連企業である HNC(後にFair Isaac社が買収)は、日本でのパートナーのサービスがHNCのサービスと重複するように見えたため、日本のパートナーが脅威となると考えました。彼らはパートナーとの既存関係を評価し、必要に応じて、日本で新たなビジネスモデルを構築しました。

Read More

米国スタートアップのソフトウェア会社

PacificVision Partnersは日本市場への参入戦略を構築、実行し、製品の市場投入を支援するための主要な戦略的パートナーにプレゼンを行い、出資可能性のある投資家を発掘し、複数の製品の立ち上げ、販売促進・マーケティングキャンペーンを実行しました。

Read More