LuxN

LuxN

 

目的
都市型WDM(波長分割多重)機器メーカーLuxN社(Zhoneにより買収)は、アジア市場への参入を考えていました。

Pacific Vision Partnersの役割
弊社コンサルタントはLuxN社内に事務所を持ち、事実上、社員として働きました。アジアでの事業開発を担当し、アジアのパートナーとの様々な関係を任せていただきました。また責任者としてLuxN社の経営陣とやりとりさせていただきました。

プロジェクト期間
10ヵ月

結果

弊社は、LuxN社の日本での展開のために4社との関係を作り出しました。うち2社はLuxN社の戦略的パートナーとして株式投資を行いました。日本市場に加え、韓国の代理店、中国での潜在的パートナーも複数、発掘しました。

 

Case Studies

アメリカ国立研究所からのスピンアウト

PacificVision Partnersは、米国国立研究所の一つからのスピンアウトに関し、日本市場参入戦略と確実な戦略的投資を計画、実行しました。条件を満たす潜在的なパートナーとのミーティングを進め、日本の大手ソフトウェア企業との積極的な協力関係構築を達成しました。

Read More

ショーケース社

データ管理のソフトウェア会社であるショーケース社(後にSPSS社が買収)は、日本での既存事業の収益を増加させ利益率を改善したいと考えていました。

Read More

米国スタートアップのソフトウェア会社

PacificVision Partnersは日本市場への参入戦略を構築、実行し、製品の市場投入を支援するための主要な戦略的パートナーにプレゼンを行い、出資可能性のある投資家を発掘し、複数の製品の立ち上げ、販売促進・マーケティングキャンペーンを実行しました。

Read More