日本の携帯電話ソフトウェア会社

日本の携帯電話ソフトウェア会社

目的は、米国での地位を確立し、米国市場、そしてゆくゆくはEU市場への包括的な市場参入を実現することでした。会社の設立(創設、バイリンガル・スタッフ、オフィス設置を含む)、主要顧客・パートナーへの接触を含むマーケティング、セールス、また広告、展示会、企業情報資料、プレスリリースなどを含むメディア対応などを弊社が計画、実行しました。この海外子会社は、収益性を保ち成長しています。弊社の役員が、米国およびEUの “社長代行”として行動し、重要な顧客やパートナーとの関係維持に努め、日本国外のマーケティングおよび販売において主要な役割を担いました。メディアの取材や報道対応、広告コピー、企業情報資料、プレスリリースなどの展開、コーディネイトなども含めてです。この海外子会社は、収益性を保ち成長しています。

Case Studies

LuxN

都市型WDM(波長分割多重)機器メーカーLuxN社(Zhoneにより買収)は、アジア市場への参入を考えていました。

Read More

米国スタートアップのソフトウェア会社

PacificVision Partnersは日本市場への参入戦略を構築、実行し、製品の市場投入を支援するための主要な戦略的パートナーにプレゼンを行い、出資可能性のある投資家を発掘し、複数の製品の立ち上げ、販売促進・マーケティングキャンペーンを実行しました。

Read More

日本の携帯電話ソフトウェア会社

目的は、米国での地位を確立し、米国市場、そしてゆくゆくはEU市場への包括的な市場参入を実現することでした。会社の設立(創設、バイリンガル・スタッフ、オフィス設置を含む)、主要顧客・パートナーへの接触を含むマーケティング、セールス、また広告、展示会、企業情報資料、プレスリリースなどを含むメディア対応などを弊社が計画、実行しました。この海外子会社は、収益性を保ち成長しています。

Read More