日本の携帯電話ソフトウェア会社

日本の携帯電話ソフトウェア会社

目的は、米国での地位を確立し、米国市場、そしてゆくゆくはEU市場への包括的な市場参入を実現することでした。会社の設立(創設、バイリンガル・スタッフ、オフィス設置を含む)、主要顧客・パートナーへの接触を含むマーケティング、セールス、また広告、展示会、企業情報資料、プレスリリースなどを含むメディア対応などを弊社が計画、実行しました。この海外子会社は、収益性を保ち成長しています。弊社の役員が、米国およびEUの “社長代行”として行動し、重要な顧客やパートナーとの関係維持に努め、日本国外のマーケティングおよび販売において主要な役割を担いました。メディアの取材や報道対応、広告コピー、企業情報資料、プレスリリースなどの展開、コーディネイトなども含めてです。この海外子会社は、収益性を保ち成長しています。

Case Studies

アメリカ国立研究所からのスピンアウト

PacificVision Partnersは、米国国立研究所の一つからのスピンアウトに関し、日本市場参入戦略と確実な戦略的投資を計画、実行しました。条件を満たす潜在的なパートナーとのミーティングを進め、日本の大手ソフトウェア企業との積極的な協力関係構築を達成しました。

Read More

総合化学会社

PacificVision Partnersは、日本の商社とアメリカの最新の太陽電池パネル(CIGS)メーカーとの間のパートナーシップ契約の交渉を支援しました。このパートナーシップには、両社がかなりの経営資源を投入し、長期かつ大数量の輸入・販売・流通協定となるよう構成されました。

Read More

ショーケース社

データ管理のソフトウェア会社であるショーケース社(後にSPSS社が買収)は、日本での既存事業の収益を増加させ利益率を改善したいと考えていました。

Read More